工場系のお仕事探しは楽天仕事市場!
薄げ・抜け毛は頭皮にある!!東急ハンズNo.1ドクターズシャンプー

2005年10月10日

NHK受信料

家庭としては父が支払ってますが、詳細は知らないので調べてみました。
世間的にはもう古いネタなのはわかってますが。


愕然としました。
衛星カラー契約口座振替継続12ケ月分で25,520円…
http://www.nhk.or.jp/eigyo/jyushinryo/index.html

仮に40年くらい払い続けるとなると1020800円。
勿論物価変動などにより受信料はかわるからこの額が当てはまる訳でないですが、凄すぎます。


確かに報道番組など信頼の拠所になっていて頼り甲斐のある所は認めますが、全体として昨今の番組の質を見てるとこの料金は疑問です。

公共的放送局の存在を主張するなら地上波・BS共1chに減らして料金さげるべきでしょうね。
教育TVはいらないです。先日深夜にたまたま教育つけたら高校生向けにパソコンでアニメを作ろう!とflashの作り方講座をやってましたよ。
今の高校生にアドビフラッシュって普及してますか?そんな特殊なアプリ買った奴は自力で習得手段見つけるべきでしょう?そんなところにまでネタを探して番組作るなんて、やっぱり予算使い放題の印象がぬぐえません。

私が支払う立場になったら…NHKに出せるお金は1ヶ月500円程度でしょうね。3000万人が支払っても…報道と天気予報くらいはできるでしょう?


そもそも公平な報道が出来る存在の必要性をを言うなら、新聞だって月刊誌だってNHK的な物が必要なはずですが、それが無いって事はそもそもNHKなんて存在の必要性は薄れてきてるのかもしれません。




posted by グ at 20:41| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

ほっとくか?ほっとけないか?

慈善活動にも説明責任が求められる時代だと思います。
いえ、慈善活動だからこそ?



2つのサイトがあります。是非見比べていただきたい。

http://hottokenai.jp/

http://whiteband.sakura.ne.jp


2つを見比べて、どういった印象をもったでしょうか?
慈善活動のようで、政治活動をしてるような団体がこの世にはあるようです。


色々メールマガジンを講読してます。
最近受け取った一流企業からのメールマガジンの中に、件の活動がまるで慈善活動であるかのような推薦文を添えて後書きに加えてるメルマガを受け取りましたが、御担当の方は一企業のPR活動の為にメールアドレスの使用を許可し情報を送ったユーザーに対して、目的外の政治活動に使用してる自覚はあるんでしょうかねぇ〜。

問い合わせのメール送ってみようかと思いましたが、面倒くさいので今回は止めました。次回もそんなの来たら問い合わせてみます。
posted by グ at 17:28| ロンドン 🌁| Comment(1) | TrackBack(5) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

取材邪魔!!

用事で駅前通ったら、やはり選挙最終日ということで演説をしてました。
沿道には支持者がいっぱい。

車で通りかかっただけでしたが、邪魔だったのは大音量の演説でもなく、沿道の人だかりでもなく、取材のマスコミでした。正確に言うとカメラマン。スチール・ビデオとも。


通行規制の無い片道2斜線の道路を通行しましたが、堂々と車線中央でカメラ構えてるのは轢いてくれと言ってるに等しい。そもそもうちの選挙区はそんなに注目浴びてるわけでもないのに何を取材してるのだろう?今更驚くような演説も、急に顔が変わるわけでも無いのに…。マスコミのリソースの使い方って絶対無駄がありすぎだと思うのですよ。

クラクション鳴らすと選挙妨害と取られかねないので、グッと押さえて慎重に横を通りすぎてきましたが、あんなくだらない取材しかしないなら、その分経費カットして販売費抑えれば良いのにと思ったのでした。
posted by グ at 15:54| ロンドン 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

国民審査B

選挙広報がようやく届きました。

ざっと読んでみましたが、才口氏以外の裁判官の記事は全て多数意見の判決で、少数意見の時はどう判断したのか気になるところでした。やはり現状では、みそしる氏のサイト抜きに語れないようです。


個人的な話ですが、以前の国民審査の記事でみそしる氏にコメント頂き、お礼のコメントをみそしる氏のブログに書き込もうと思いましたが、投稿に要メアドらしく、晒せるメアドなかったのでそのままお礼せず今日まで流してきました。投票日までには捨てアド作ります。
この場を借りて、みそしる氏に非礼をお詫びします。今ここを訪れる暇などないでしょうが。
posted by グ at 17:23| ロンドン 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

国民審査A

今日9月4日から、最高裁裁判官の国民審査の方も期日前(きじつぜん)投票が可能になります。
来週の今日、11日の日曜日に投票に行けなさそうな人は今日行く事をお勧めします。

残念ながら、我家にはまだ選挙広報が届いてません。全国的にそうなのでしょうか?
今日あたりに届いて欲しいな。
posted by グ at 06:57| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

評論家と順法精神

田中角栄氏にまつわる著作等で有名な立花隆氏が、9月2日付けの日経BBサイト上のコラム「立花隆のメディア ソシオ‐ポリティクス」で、総務省が選挙公示後にサイトを更新したA党の行為に対して公職選挙法上問題がある、と指摘した事に対して『いちゃもんを付けた』と非難してました。
ttp://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/050902_gimuka/

総務省としては、順法精神に則り今ある法律を的確に運用してるだけなのに、『いちゃもんを付けた』などと低レベルの罵声を浴びせるのは如何なものかと思います。今回の選挙前に定められたルールで戦わずして、どうして法治国家を成り立たせていくお考えなのでしょうか?
公職選挙法を可決してきたのは、他ならぬ国会議員だけなのですから守って当然。
自分で作った法律時代遅れだから破れ!と提唱してるようにしか見えません。



更に立花氏は独自のサイバースペース選挙活動プランとして、事前登録と供託金を前提に各候補者に1Mバイト位のスペースを与えBBSも設置して自由に発表させるべきだ!政治の情報化に対応できない奴は去るべきだ…政治家のホームページ開設と更新は法律で義務にしろ…と自信満々に論を締めくくってました。

日経BBってITビジネスに強いサイトなのかと思いましたが、違うようです。それとも立花氏の原稿だけノーチェックなのでしょうか?地方議会議員も含めて自前のサイト持ってない議員の方が少ないような気がしましたが(政党公式サイトのリンク集を調べた私見ですが)、氏は調査済みなのでしょうか?
因みに1Mバイトの容量って、フロッピーディスク一枚分もありません。

何よりも違和感覚えたのが、このサイバー選挙化を推奨するコラムが選挙公示日後に書かれた事。ちょっと調べれば高校生でも公示後のサイト更新は出来ない事を知る事の出来るネット界の現状なのに、A党の事件受けて初めてコラムにしてる姿勢は痛々しい。


IT技術を政治活動にどんどん利用すべき、という主旨は私も立花氏と大きな視点からは異論ありませんが、最新の技術に対する調査・認識不足と違法選挙を推進しかねない言動にはとても違和感をおぼえたのでした。

大先生が故の帰結でしょうか?権威を鵜呑みにしちゃいけないと、あらためて思わされました。
posted by グ at 06:35| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

国民審査ですよ

衆議院議員選挙投票可能日まであと三日、不在者投票でサクッと投票しちゃおうかしら?と思ってましたが、同時にある最高裁判所裁判官の国民審査の判断材料無い事に気がつきました。

公示日が過ぎてしばらくしたら、町内会の人か誰かが選挙広報と一緒に裁判官の資料も投函してくれる事は知ってますが、今の時代ネットでその手の情報くらい公開してるだろう!と最高裁判所サイトに行ったけど見つけられませんでした。
http://courtdomino2.courts.go.jp/home.nsf/topframe?OpenFrameSet
国民審査があることすら載せてないみたいです。身内が落される投票だから扱いたくないのかな?と疑ってしまいます。公示日が来たら公開されるのでしょうか?
総務省と法務省サイトもざっと見てみましたが、少なくとも簡単にアクセスできるところに情報はありませんでした。


公式なものは無さそうなので、ググったら上位にこんなサイトがありました。
http://homepage2.nifty.com/misoshiru/mg/shinsa.htm
『国民審査のおかず』なるページで、今回対象になる裁判官の判決要旨やマスコミ記載の言動を集めているサイトです。

同じ方が作成してるブログが『法治国家つまみぐい』http://miso.txt-nifty.com/らしいです。司法フリーライターとプロフィールにはありましたが、ハンドルネームはくだけてました。みそしるさんだそうです。

これから読むので、今の段階で上に挙げたサイトの信用性は一切保証しません(みそしる氏の才能を疑ってるわけではありません。情報量が多い程間違いがおこり易いし、一人の人間の作業なら尚更の事だと思うのです。あ、だからといって私に間違い指摘出来る能力も情報量もないですよ。)。
が、非常に読みごたえのあるものを見つけたので、TVの選挙番組見ながらじっくり読もうかと思う日曜の朝でした。








posted by グ at 06:04| ロンドン ☁| Comment(2) | TrackBack(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

漫画と政党のその後

公開から24時間も経たないうちに、例の国民新党の4コマ漫画のセリフの漢字間違いが修正されてました。(4コマ目の紋の字が絞めだった)
http://www.kokumin.biz/manga-2.html
私も間違いだらけの人間ですし漢字は不得意なので、この俊敏な対応は素直に感心しました。ただ、基本的な世界観が変わってないところは同意しませんが。


内容に同意しないとはいえ、この政党公式ページに4コマ漫画というコンテンツは今後主流になっていくのではないでしょうかね?特に今後携帯対応の政党のサイト作成に重点が移るなら。

各政党のサイト大雑把に見てみましたが、携帯向けサイトを設置してるのは、民主・公明・共産の各党でした(順不同)。短く政策をまとめて表現する事なんて難しい事だけど、字数に制約のある携帯用サイトならひょっとしたらそんな表現があるかな?と思い閲覧してみましたが、まだまだその点こなれてない様です。

そこで、短い情報量で見る人にインパクトを与えられる漫画の活用の道があると思うのですが、そんな事提唱したら偉い先生に“衆愚政治になるだけだ!”と怒られてしまうでしょうか?

私の携帯は2年前の機種なので余り画面が大きくないのですが、それでも今回の国民新党さんの漫画程度のシンプルな描写なら、画質サイズさえ落せば充分再現できます。
もし今回国民新党さんが携帯サイトも設置していてたなら世間に対してどうなったかとおもうと、少し残念でなりません。
もし予備知識なく政党サイト訪れても、携帯サイト覗いてメニューの中に漫画があったら先にそっちを覗くと思いますよ。携帯はプライーベートなメディアで好きな時に見れるものだし。それから、文章〜政策の順に覗くんじゃないでしょうか?


いずれ、そんな選挙の日々が来るのではないかと妄想しております。
posted by グ at 21:36| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

某政党公式サイトのマンガ

話題的に、派手なパフォーマンスが得意の新党日本の影に隠れたかな?と思われる国民新党さんですが、公式サイトに、『4コマ』という国民新党さんの主張を文字通り4コママンガで表現したページがあり、23日から掲載されてます。

http://www.kokumin.biz/
のページの左下のメニューの下の方にそれはあります。
http://www.kokumin.biz/manga-1.html
下の方にあると言いつつ直リンしてみました。

もしリンク先の漫画が見れるなら、この後の文章読まず先に漫画読むことをお勧めします。







万が一、漫画が消された時の為に内容を書き留めておきます。展開は、

@ヒトラー風コスチューム(腕に自民の腕章)の小泉首相が、『郵政民営化法案に反対した議員を除名します!』と右手を挙げて宣誓(余談ですがこのポーズ『新党日本』さんの例「チーム〜(略)」と叫ぶパフォーマンスの時のポーズと似てますよね?)

A引き続き小泉総理が、今度は左手を握り締め『刺客を送りこんで抹殺します。ジークハイル!』と力説

B綿貫・亀井氏ら三人が握りこぶしで『国民を守れ!独裁を許すな!』と結集

C【日本独裁化】の文字が映るTVを見て、腕組した金正日氏が『小泉君もわかってきたじゃない』の台詞

漫画の左下に、わざわざ【印刷する】という文字とプリンタアイコンを配置するところなんかに、自由に印刷して!という党としてメッセージ・自信を感じます…。
作者名は出されてないのですが、もし国民新党の党員が入閣し外務大臣のポストについた時の事を考えると、安易に外国の要人ネタにするのって外交問題に発展しかねない気がしますが…。



続く二作目は、水戸黄門の世界。今度は小泉首相が越前屋で金正日氏が悪代官役。菓子折の中に大判小判を入れて渡す、お年寄りにもわかりやすいあのシーンの引用です。代官の手には北朝鮮国旗の☆デザイン扇子まで登場!これ描いたからには、もう架空の人物です!って言い逃れ出来ないって感じです。
4コマ目に、綿貫黄門率いる3人が【国民】の紋所の入った印篭を掲げて登場するシーンで終わるのですが…、台詞は
『この絞所が目に入らぬか!』…わたしのタイプミスじゃないですよ。


三作目は…某掲示板にその存在を晒されて私も見ました。が、まだ公式ページからのリンクは無く一応公開予定が26日らしいので詳細は書かずにおきます。(サーバーをクラックして見れた!レベルじゃなくて外部に公開してるけどリンク貼ってないだけの物を見ただけなので誤解ないよう)


党の主張としての反小泉は一貫していて、そのメッセージは充分伝わってきますが、公示日まで1週間を切りました。このままの方針で行くのでしょうか?そして新作マンガの行方は…
posted by グ at 03:51| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

もうすぐ選挙

握手したり演説したり、色んな映像がTVに流れてますが、選挙はまだ始まってません。30日からです。このブログでも、そんな話題色々書き込んできましたが、公職選挙法にふれるっぽい事は当然しませんのでその期間だけパッタリ止めます。
今まで書き込んできた政治的な話題も、選挙期間だけ見れないようにしようかしら?とちょっと考え中でもあります。

私の住む選挙区はマスコミの話題になるような候補者がいないので、私自身いざ選挙が始まったら案外つまらなくなるのではないか?興味持たなくなるのではないか?と思ったりもします。今まで衆参地方首長等含めて一度も棄権した事が無いのは自慢ではありますが、今回は未だ地元候補者の名前知りません。

予想の一つとして、刺客候補など話題になった選挙区とならなかった選挙区の投票率、5%くらい差がつくんじゃないかと思います。なんであれ、下がるよりは上がる方がいいですが、もしそのとおりになったら次の次の選挙から政党の擁立する候補者の傾向変わるかも知れませんね。
posted by グ at 03:00| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

国名政党は有りか?

自民党から公認を得られなかった人達が先に作った国民新党は、記者会見時に党ロゴもなく、手作り発進の有る意味ほのぼのとした空気を漂わせていました。

昨日、同じく自民党から公認を得られなかった人+長野県知事の田中氏が『新党日本』を立ち上げましたが、今回は党ロゴ有り、代表の顔ポスター有り、5人合わせたパフォーマンス有りで準備万端なところを見せてくれました。

準備がいいのは良いけれど、
@国名を党名にするのは如何なものか? 
A国旗を党ロゴに模するのは如何なものか? 
Bパフォーマンスも構わないが、サッカー応援時等広く国民に普及してる『ニッポンチャチャチャ』をそのまま使うのは如何なものか。スポーツの不偏不党性を崩してまで当選したい(自分達だけに利益を得たい)のか?
の三点において、政策以前に非常に不愉快になりました。


知ってる方も要るかも知れませんが、田中知事の元後援会幹部だった方のブログがあり、その辺の事やそれ以外の事柄も非常に読みやすい文章で書かれてるので、一度訪れられる事をお勧めします。
エスプレッソダイアリー
http://blog.livedoor.jp/takahashikamekichi/archives/30557650.html
posted by グ at 10:56| ロンドン | Comment(1) | TrackBack(3) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

また国民新党ブログが!

粘着してる訳じゃないですよ。
またシーサーさんに作成されたものですから、目に留まっただけです。
大阪の某候補者も、コメント・TBありでシーサーさんに作ればいいのに。
いや、全国会議員が作るべきよ。


話が逸れました。今度の国民新党のブログ名は『国民新党情報センター』(便宜上A)といいます。http://kokumin-info.seesaa.net/
管理者が誰なのか、なんのポリシーをもって運営してるかが一切明記されてませんが、先に出来た『国民新党ブログ』(便宜上@)と違いシーサーのテンプレ使わず作成してるようで(この点、私が非公式テンプレ網羅してる訳じゃないので自信無し)、さらに某ADだけをシンプルに貼るところを見ると、ブログ作りに馴れてる方が作成されたと思われます。


@の更新は19日で止まっており、かつAのブログ開始日は20日なので両者の間に何らかの人的繋がりがあるのかな?と思わせられるところがありますが、まだ今日は21日。@のブログが休止状態と判断するのは早いようです。


@は各メディアの報道を引用しながら国民新党に関する事柄を集めてますが、Aはソースを示さない情報を断定的に表記してる事(○○氏に出馬打診は知りませんでした。20日の全国TVニュースでも取り上げられてないと思います。)が大きな違いであり特徴です。誰の責任かは明記してないものの、言いきっちゃうって事は自信があるのでしょうね。Aは、土曜日に作成されたところが『親・郵政』を象徴してるような気がしますが考え過ぎでしょうか?


Aをよく読むと、中の人は一人じゃないようです。
自分の文章能力を棚にあげて言ってしまいますが、
http://kokumin-info.seesaa.net/article/6059815.htmlの記事は無理に短文にしようとして、あまり宜しくない日本語になっています。句読点くらい打ってもいいのに。それとも、それくらい焦っていたと言うことでしょうか?他の記事では、句読点打ったり改行があったりするので複数運営を確信しました。誹謗目的でピックアップしたわけじゃない事を明記しておきますね。


日が明ければ、政治家・立候補予定者出演番組目朝から目白押しの日曜なのでいい加減寝ます。



posted by グ at 02:55| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

堀江氏広島6区無所属出馬

今日午後記者会見して出馬表明されました。
社長は辞めないそうです。
自民党推薦ではないそうです。
仮に当選しなくても、自民党に貸しを作れる事は確かでしょう。
住民票を広島に移す事は明言しましたが、選挙戦略は未知数です。
まだまだ目が離せないところです。


ところで自民党の公認外された側は、『昨日までの仲間を切るのか』的な泣き言を言ってますが、ここ数年、自分自身であったり、或いは心ならずも有望な上司・同僚・部下を身近なリストラで失ってる市井の人々からみれば白けるだけかと思います。

誰が新たな自民党公認候補を『刺客』と言い始めたのかわかりませんが、これは自民党のリストラクチャーなのだと思います。一般の会社で言う不採算部門を切るリストラ。一般の会社員と違うところは、議員になれなくても議員年金がもらえそうな人がいっぱい居るところでしょうか?



posted by グ at 15:09| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(3) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

役者が揃いましたよ

タイトルの表現が適切かどうかはわかりませんが、18日鈴木宗男氏が北海道で地域政党の「新党大地」を旗揚げされました。色々検索してますが、まだwebサイトがあるかどうかはわかりません。

民主党が「自民党ばかりとりあげるな!」と報道各社に圧力をかけたせいかどうか知りませんが、ワイドショーレベルの選挙特集でも、まるでタバコのパッケージの「健康の為吸い過ぎに注意しましょう」の文言の如く話題の中心から外れた政党の候補の顔と名前をチラッと放映してますが、まだ見ぬ新党大地の候補者は話題の中心になるのか?外れるのか見守ろうと思います。


posted by グ at 16:40| ロンドン 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選ばれしSeesaa?

昨日結成された国民新党さんが18日深夜(早朝?)シーサーにブログを作成されました!
http://593.seesaa.net/
593=コクミンとは考えましたね。

と、午前一時の段階で書いてしまいましたが、件のブログ内に『国民新党との直接の関わりは無い』との断りがあったので、国民新党をウォッチするブログが出来たようですよ!程度の表現に修正しておきますね。とはいえモロ国民新党を名乗っているので、仮に関係無い人が事を進めているとすると色々問題だとは思うのですが。

主張されたい事が沢山あるようなので(そりゃそうでしょうが)、夜中といえど分単位で次々と記事がアップされています。まだ詳しく記事を読みこんで無いのでどのような政策を掲げてるかわかりませんが、その意気は素晴らしいものだと思います。
数時間前に国民新党さんのURLを見つける事が出来たものの、webサイトを開く事は出来なかったので、身近なところから確実にアクセスできるのは安心感があります。


余談ですが何故シーサーさんを選んだのでしょうかね?
政治家の間で既に有名なのでしょうか?
他のメジャー所にも作成してるのかもしれませんが、シーサーユーザーとしては政党も使うメジャーなブログなんだなと改めて思ったのでした。


posted by グ at 01:42| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

社長日記から出馬を読む

いえ、読む!なんて深いものじゃないのですけど。

ライブドア堀江社長のブログlivedoor社長日記には、
 
 「このblogの内容は、許可なく転載とか抜粋とか自由にしていただいて結構です。」

との太っ腹なお言葉があるので堂々と引用させていただきますね。


・8月8日の日記にはこんな文章があります。


  郵政法案否決で衆議院解散へ

WiFiの設置工事に遅延が出そうな感じ。どうも選挙期間中は電柱の工事が規制される見込みである。その他ファイナンス系の許認可が必要な事業も遅れそうな勢いだ。。(どうやら工事を1時間以内にやればOKらしいが、3回に分けたりと面倒だし時間が余計にかかる)全く、抵抗勢力の人たちには困ったもんです。会社の規模が大きくなってくると、どうしても政治に影響されることが多くなってきてしまった。そろそろ真面目に考えないとな・・・。


『そろそろ真面目に考えないとな・・・。』に続く言葉が即政治家への道だとは思えませんが、堀江社長にとってWiFiや携帯電話の新規参入等の電波割当が必要な事業への参入等の過程で、経済活動の側面から見る国政への不満等の思いがあったことは想像に難くありません。民主党も擁立候補に挙げてるとの報道がありましたが、『抵抗勢力の人たちには困ったもんです。』の部分を見ても今の民主党案ではもの足りないでしょう。私が自民党の堀江氏擁立担当者なら、代議士になって電波行政の規制緩和を推進しませんか?等と説くでしょうか。それ以上のネタも当然ありそうですが想像だけで止めておきます。


・別の日、8月10日には、ライブドアニュース選挙シフト、のタイトルでこんな記事を書いてます。



続きを読む
posted by グ at 06:12| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政治の季節ですね

衆議院の解散から何日経ちましたっけ?

そんな事は憶えてなくても、連日各候補者の動向が報道されてるので時の経つのが早い気がします。
自民党の公認が最終的に発表されれば、公認されなかった先生方が新党を作るそうでそちらも気になります。政党名や公約もそうですが、政党ロゴの製作間に合うのかな?といらん心配までしてます。

短期決戦型の選挙ゆえ、政治家以外の既に知名度のある人間の擁立も盛んですね。
ライブドアの堀江社長も出馬か!との報道もされてます。今回ばかりは土壇場で楽天の三木谷社長や、SBIの社長(顔しか思い出せない)に美味しいところ持ってかれるなんて事は無さそうですが、以前の自民党だったら、堅くまじめなイメージから先に2人の方に話がいってたと思います。それだけ時代が変わったのかな?と思われました。


他に注目すべき点は、不祥事で辞職或いは落選した元衆議院議員の立候補でしょう。
大方の世間の反感かっても、議員の仕事にはそれだけ旨みがあるということを体現してますよね。
誰かは書きませんが。

立候補者のバリエーションでは、全国区があった時代の参議院選挙にはかないませんが、単に組織推薦で守られた組織内だけの実力者主体の選挙よりは、不特定多数の有権者を意識する立候補者が増えた方が、今の時代にあってるような気がします。
その結果、少しでも投票率が上がれば各政党は浮動者層の獲得についてより真剣に考えてくれるでしょう。で、選ぶに値する候補者が増えてくれば、より民意を反映した国政が行われる、チャンスが増えるだろうと期待したいのです。
posted by グ at 03:53| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

光ケーブルで再会って?

朝鮮戦争で生き別れになった家族が、韓国・北朝鮮間に引いた光回線を通じてTV再会したそうです。読売新聞オンライン他TVなどでとりあげられてました。
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20050815i216.htm

単純な疑問なんですけど、なんで未だにこの2国間って分断してるのですかね?
勿論、未だ朝鮮戦争は終了した訳ではなく、停戦状態な事は知ってます。
WWU以降の資本主義と共産主義の冷戦状態が続いた時期ならともかく、今やソ連は崩壊しイデオロギーの面で見れば北朝鮮の共産主義体制を協力にバックアップする国は無いように思えるのですが。

韓国政府を見ても、国家統一或いは交流の自由化について有効な策をとってるとは思えません。
北朝鮮による韓国人拉致被害者に対するケアの軽視からいっても、個人の尊重は二の次三の次の政府なのでしょう。


世界中で起こってる紛争・戦争は一国の中に他民族が同居する事の難しさを背景にしており、国連等が英知を出し合っても解決策を出すのは困難な状況です。
それに比べ、この二国間は同じ民族。世界的に見れば異常ではないでしょうか?

光ケーブルなど最新のテクノロジーを用いなくても、陸続きの半島は50年の昔から歩いて渡れるはず。電気使うだけエネルギーのロスがあります。
経済体制が違うとは言え、同じ民族同士で信頼関係の築けない民族など、他民族・他国家から信頼されないのは自明の理でしょう。TVで見る限り、高齢の家族に残された時間は少ないと思われます。誰がこの50年得をして誰が損をしてきたか考える必要があるのではないでしょうか。



posted by グ at 16:28| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

短期決戦の選挙って?

当然ながら、各党議席を伸ばすべく候補者を立ててくると思いますが、小選挙区の自分の選挙区を思い出しても、普段無党派ながら選んで当選した議員の名前は覚えていても対立候補の名前はまるっきり覚えていません。

まだまだ夏のレジャーシーズン真っ盛りで、近所で演説されてもどこかへ遊びに行って聞いてないかもしれません。

素人考えながら、短期決戦で議席数増やすには既に知名度のある有名人や芸能人を候補者にたてることが安直ながら効果のある方法に思えます。まだ今日解散したばかりでその辺の名前はまだ聞こえて来ませんが、ちょっとわくわくしております。
posted by グ at 22:48| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。