工場系のお仕事探しは楽天仕事市場!
薄げ・抜け毛は頭皮にある!!東急ハンズNo.1ドクターズシャンプー

2005年11月23日

爆笑・太田が大興奮!

先日、爆笑問題が司会をしている日本テレビ系列の深夜番組で、現在公開中の映画「ブラザーズグリム」の監督テリー・ギリアムのインタビューが放送されてました。
日曜に、同じく爆笑問題が司会をしてるTBS系サンデージャポンでは大田氏が単独でインタビューをしていたのですが、こっちの番組ではレギュラーの田中氏と眞鍋かをりさんに加え、通訳としてパックンも同行してました。

正直、この2本の番組見るまでテリー・ギリアム監督の名前を知りませんでしたが、モンティパイソンに関わってた人、と聞いてコメディ系の人だと取りあえず理解しました。




テリー・ギリアム監督作品見たこと無かったのですが(だから知らなかったとも言える)12モンキーズやら未来世紀ブラジル等と聞いて、見たこと無いけど知ってるタイトルばかりで、自分の不勉強さを一人で恥じるのでした。




さて、どちらのTV番組でもインタビューの前、監督に会う前の段階の映像で、太田氏は自分が監督の大ファンであることを緊張しながら宣言しています。太田氏は普段御世辞でこの手の事を言うキャラではないので、どんな凄い監督だろう?と期待して見たら、厳つい感じは微塵も無くサービス精神旺盛でコミカルな人でした。例えば太田氏がプレゼントしたTシャツを足から着ようとしたり、インタビューに入った部屋でひたすら寝たフリをしつつ突然起きてビックリさせたり…

下手するとブラザーズグリムのタイトル忘れちゃうくらい監督はカメラの前でサービスをしてくれたようです。映画のプロモーション以上に、モンティパイソンの血が騒ぐのでしょうか?
ファンを公言する太田氏の監督に対する質問もまた、単なる番組進行を超えた力の入り様がありました。アメリカ出身でありながらアメリカを離れイギリスで活躍する監督の、批判的にアメリカを見る視線(あるいはアメリカの行く末を予言する視点)が太田氏の好感を誘う所以のようです。

抽象的にわかりずらい文章になってしまいましたが、いずれ太田氏は『テリー・ギリアム』論を書くんだろうな!と思わせられる勢いがありました。太田氏は書くべきです!


私も、まずは年末までに最低1本はテリー・ギリアム監督の映画を見よう!と思わせられる2本の爆笑問題のTV番組でした。


posted by グ at 02:09| ロンドン 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。