工場系のお仕事探しは楽天仕事市場!
薄げ・抜け毛は頭皮にある!!東急ハンズNo.1ドクターズシャンプー

2005年09月13日

本気で倒閣したいなら…

今回の選挙、私の場合判断材料は街頭演説は聴きに行かなかったので選挙広報とTVの各政党代表者の討論番組でした。


TVに出席していたのは公職選挙法上の政党要件を満たす、自民党、公明党、民主党、共産党、社民党、国民新党、新党日本の7党。お行儀の良い人達の討論なら7人でも聞けそうですが、一度でも見た事のある方ならそんな事は夢の世界だとご存知のことでしょう。

民主党が、自民党との1対1での討論を提案しましたが、自民党はもとより他の野党から反対され実現しなかった事がありました。確かにそれをやられてしまうと、他の野党としては二大政党対決に自分の党が埋もれてしまうという危機感があったのでしょう。
だがしかし、政権交代という大局的な見地に立てば、時に身を引く懐の大きさもあって良かったのではな「でしょうか?
単独で政権をとれるか主導権を握れる位の立候補者を立ててる党なら対自民とのタイマン主張する権利があると思うのですが。それ以外の党が同じような主張繰り返すくらいなら、時には持ち時間を野党第一党に譲り現政権の問題点を明確にする戦略もありえると思うのですが?


私は頭が良くないので、7人の言う事を一度で理解する能力がありません。
やじうま的興味としては、社民党vs共産党、国民新党vs新党日本の1対1の討論をして各党の政策の違いを国民に明確にして頂けると国民の政治に関する関心がより深まると思うのですが、そんなの夢でしょうね。


posted by グ at 12:44| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・まつりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。