工場系のお仕事探しは楽天仕事市場!
薄げ・抜け毛は頭皮にある!!東急ハンズNo.1ドクターズシャンプー

2006年10月17日

福澤泣かすな

福岡県筑前町、町立三輪中学校2年の男子生徒(13)が自殺したニュースを報道した、16日放送のTBSのバラエティ番組ピンポンの福澤アナウンサーが、


「先生達が『ちょっと』手を抜いてしまいました」


と合谷校長が全校集会で発言したことを紹介する時に、感極まって泣いてました。


少し前にマスコミ的に判明して話題になった、滝川市の小学生自殺関連では、教育委員会の関係者の辞表提出や懲戒処分が発表されて、直接的にコントロールできる訳ではないにせよ世間の声って少しは役立つものだな!と思ってました。

が、今回の学校側の関係者には、現状世間はあまり関係無いようです。

滝川の件の場合、自殺が発生し1年弱たってマスの力で世間に批判され、ようやく虐めを認めた、という特殊事情がありました。

しかし今回は、当該生徒の祭壇の前でマスコミのカメラが見守る中直接親に、虐めをしたとされる教師と校長が直接事実を認めたものの、その後の記者会見の席で校長が漸減を翻すような〜虐めが直接の原因ではない〜という発言をし、更に福澤さんが憤慨した全校集会での事件を矮小化するような、自分たちを正当化するような発言に後戻りするに至ってます。


私は、マスコミを通じて誰もが知ってる情報程度しか知らないので、今回の自殺の原因が何にあったのか?について断言できることは何もありません。
が、当該校長が職業人として的確に仕事してるかについては、疑問を持たざるを得ません。


私の高校時代の話、虐めではなく教師による体罰での怪我が表沙汰・マスコミ沙汰になったことがありました。全校集会があり校長が説明したのですが、「そもそも体罰なんてどこからどこまでば体罰かなんて線引きが難しいんだ。プロ野球で満塁ホームラン打ってホームで叩かれるのだって、体罰と言えなくも無いでしょう?」と暗愚な事をのたまってました。

日頃内向きに権力発揮しがちの組織って、やっぱり独り善がりになり易いのだとおもいます。
校長然り、教師然り。暴言放言し放題の。


そうさせない為の、教育改革が今こそ必要だと福澤さんもおっしゃってました。
少なくとも、教育現場の自主性とか、一見まともそうに見える言葉は実は幻なんですよ。教師が虐めの緒を切るくらいだから。


ラベル:三輪中学校
posted by グ at 01:38| ボストン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。