工場系のお仕事探しは楽天仕事市場!
薄げ・抜け毛は頭皮にある!!東急ハンズNo.1ドクターズシャンプー

2006年01月03日

年末格闘技を見たAホイス戦から曙まで

所vsホイス
総合格闘技のスタイルが多様化してもなお、グレイシー柔術健在だなぁ、と感じさせてくれるホイスのねちっこい攻めでした。
それを受ける日本人も進化してるので、最早1本取られるまではいかないのですが。グレイシーの美学は美学でより進化させていってほしいものです。
所選手は…組み合う時の間合いスピードが、ホイスの思う壺だったことが勝てなかった理由でしょうね。素直過ぎに見えました。
この日放送された、この番組のカードではベストバウトだったかもしれません。


ボビーvsアケボノ
放送時にはボビー側に寄りにたって見てしまいましたが…勝敗わかってるのでアケボノ側に立って見ると、どっちも駄目でした。ついでにレフリーも駄目。
アケボノは組みついた時の攻め手が何も身についてないし、ボビーはアケボノに腰払いしようとしてコーナーに追いやられてませんでしたか?あとのボビーの攻め手は、太った人に戦う手段としては常道の足蹴り&逃げ。それを貫けばまだいいものを、第三ラウンドは、結局殆ど睨み合いで終わってしまいました。レフリーが何故注意しないのか疑問です。チケット買って見に行ってたら納得がいかなかったかも知れません。


須藤元気vs山本KID
未だに何故山本選手が”神の子”なのか良くわかりません。
須藤選手見て、悔しかったコーヒー懸賞の日々を思い出しました。

そんなことはともかく、本職の選手同士の頂上決戦だけあり、内容は私の解説など必要無い物ですが、ストップは早かったですよ。
HERO’Sルールの試合は大抵ストップが早い事は、これまでのTV観戦で知ってました。
ストップが早い事は、選手生命守る意味やTVコンテンツとして惨すぎるシーンを放送しない為にも必要だと思いますが(自分なりに考えた理由です。この理由でHERO’Sがそうしてるかどうかは知りません)、VTRで見たストップかけられた時の須藤選手は、まだ首が据わっててパンチもクリーンヒットして無いように見えました。
少しだけ須藤選手サイドがレフリーにアピールしてるように見えましたが、空気を読める須藤選手なので遺恨っぽくならなかったところは大人に見えました。


この一番組見ただけでもお腹いっぱいな気分ですが、かといって美味しい物をお腹いっぱいか?と聞かれると正直そうは言えません。
来年もこうならないと良いのですが…


posted by グ at 23:48| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。